グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


当院について

ホーム  > 当院について  > 病院指標(令和2年度)

病院指標(令和2年度)

1. 年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数6231017948997

当院は、産科および小児科のみの施設となることから新生児、20歳~40歳第の方が大半を占めています。

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

■産科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120180xx01xxxx胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等2029.99.45034.08
120260xx01xxxx分娩の異常 子宮破裂手術等1569.549.451.2832.56
120170x199xxxx早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 手術なし8822.2321.685.6831.48
120140xxxxxxxx流産711.082.42034.8
120200xx99xxxx妊娠中の糖尿病 手術なし574.45.39034.88

東京都の地域周産期母子医療センターとしてNICU(新生児特定集中治療室)と連携し、地域からの母体搬送を積極的に受け入れています。
上位2つのDPCコードは、分娩時や胎児の異常による手術(帝王切開)に関するコードとなっています。
また切迫早産等、妊娠中の管理も多く受け入れております。
なお、正常分娩は健康保険適用の対象外となるため、上記には含まれません。
当院は、安全で安心、温かみのある出産ができるよう心掛けています。

■小児科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
140010x199x0xx妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし2707.76.134.070
140010x299x0xx妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし14714.511.192.720
140010x299x2xx妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 2あり3326.328.1200
140010x199x1xx妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 1あり3013.710.91100
140010x299x4xx妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 4あり1442.139.2400

当院は東京都の地域周産期母子医療センターとして、新生児特定集中治療室(NICU)を備え24時間体制で地域の医療機関から積極的に新生児搬送の要請を受け入れております。
上位のDPCコードは、出生後の呼吸障害や出生体重が2,500g未満の低出生体重児が主体となっております。

3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage ⅠStage ⅡStage ⅢStage Ⅳ不明
胃癌--------
大腸癌--------
乳癌--------
肺癌--------
肝癌--------

※1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均在院日数平均年齢
軽症---
中等症---
重度---
超重症---
不明---

5. 脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内----
その他----

6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

■産科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8981帝王切開術 緊急帝王切開 等2262.627.390.4432.2
K8982帝王切開術 選択帝王切開 等2251.857.270.4434.15
K9091イ流産手術(手動真空吸引法) 等6800.04034.66
K8721子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) 等-----
K9091ロ流産手術 妊娠11週までの場合 その他のもの-----

産科専門施設であり、地域周産期母子医療センターとして地域の医療機関からの母体搬送を積極的に受け入れています。
NICU(新生児特定集中治療室)と連携し、出産時の緊急対応に備え24時間常に手術が実施できる環境を整えていることから帝王切開が上位となりました。
また、令和2年度より流産手術を身体への負担が少ない手動真空吸引法で行っております。
なお、正常分娩は健康保険適用外となるため、上記には含まれません。

■小児科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K9131新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 等49035.44.080
K9132新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 等11048.718.180

産科と連携し、出産時の異常に速やかに対応できるように24時間受け入れ体制を整えています。
胎児異常が予想される場合や、早産の際は分娩時にも小児科医がサポートします。
分娩時に仮死状態で出生した新生児に対する蘇生術が上位となりました。
平均術後日数は、早産児や低出生体重児が多く長期間に入院管理が必要となることから日数が長くなっております。
また、外科的な治療が必要な際には、高次機能病院と連携し治療ができるよう転院搬送をしています。

7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる--
180010敗血症同一--
異なる--
180035その他の真菌感染症同一--
異なる--
180040手術・処置等の合併症同一--
異なる--

更新履歴


令和3年9月29日更新