グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新病院建設のお知らせ
ホーム  > 新病院建設のお知らせ  > 建設現場にもAED、設置しています!

建設現場にもAED、設置しています!

『人が倒れて、呼びかけに反応しない!』…そんなとき、あなたはどうしますか?
すぐに119番通報とAED(自動体外式除細動器)の手配をしてください。そして胸、お腹の動きを見て普段どおりの呼吸がないようであれば、すぐに心肺蘇生(胸骨圧迫+人工呼吸)に移りましょう!人工呼吸が困難であれば胸骨圧迫のみでも結構です。
さらに、AEDによる心電図解析をし、必要と判断された場合に電気ショックを行えば、救命率が向上します!

当院にはもちろんですが、建設現場にもAEDを設置しています!
 手順を知っていれば、自分が周りの人を救うことができます。
 そして周りの人が知っていれば、自分を救ってもらえるのです。
 みんなで誘い合って心肺蘇生の講習を受けてみませんか!?

日本赤十字社東京都支部が主催する救急法講習については、こちらをご覧ください。

ちなみに当院では、1階は正面玄関横(夜間窓口付近)、2階と4階の産科病棟ではナースステーション横、NICUのある3階ではエレベーター横にAEDを設置しています。
(2020.2.7)

建設現場に設置しているAEDと戸田建設社員さん