グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


カテゴリ画像
ホーム  > 産院からのお知らせ  > ママ・パパの働いている姿を見に行こう!~子ども職場見学会~

ママ・パパの働いている姿を見に行こう!~子ども職場見学会~

 
 仕事と家庭の両立で奮闘している職員のために、子どもたちを職場に招待したい――
 その想いから当院では「子ども職場見学会」を行っています。今年で3回目を迎えることができました。

 8月4日(火)に開催されたこの会は、子育て支援の一環として一昨年からスタートし、今年は小学1年~6年まで計11名が参加してくれました。

 「赤十字」や「葛飾赤十字産院」について勉強した後、お母さんお父さんの働いている姿を見学して、子どもたちに親が働く職場や仕事を知ってもらうことを目的にしています。

産院のなかを探検しよう!

分娩室ってどんなところ?どうやって生まれてくるの?
助産師の説明に真剣に耳をかたむけていました。

薬局にて薬を分包する機械の説明を聞くこどもたち。
「わたし粉のくすり飲めるよ!」「ぼくは嫌いだなぁ」
などと話をしていました。

検査室では顕微鏡で赤血球を見せてもらいました。
「血を抜くのは怖いなぁ」と言いつつも、興味津々。

赤ちゃんってどんな感じかな?

 今回、患者さまにご協力いただき、生まれたばかりの赤ちゃんを子どもたちに見てもらう時間を設けることができました。
 初めて赤ちゃんを見る子もいれば、弟や妹がいる子もいて様々。静かに優しい表情で赤ちゃんを見つめる子どもたちから、改めていのちの大切さを感じました。

 ご協力いただきました患者さまへ、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

赤ちゃんって重いのかな?軽いのかな?
優しいまなざしで見つめていました。

「やわらか~い」「あっ、わたしの指、握ってくれた!」
スヤスヤ眠っている赤ちゃんにそっと触れる子どもたち。

みんなで楽しくランチタイム♪

「もうお腹ぺこぺこ!」とたくさん盛り付ける様子。
こちらのお昼ご飯は患者さまと同じものを
こどもたちに食べてもらいました。

お昼休みのお父さんと一緒にごはんで、この笑顔。
とてもいい表情を見せてくれました。

献血ルームfeelに行ってみよう!

 東京スカイツリータウン・ソラマチ10階にある「献血ルーム feel」を見学。献血も赤十字事業の大切なひとつです。

 子どもたちはまだ献血できませんので映像で勉強した後、体験だけしてもらいました。広々とした空間に、子どもたちも大満足の様子。

 「16歳になったら、みんな献血よろしくね!」との職員のことばに元気に返事をしていました。

「けんけつ」についてDVDで楽しくお勉強。
楽しくクイズに答えていました。

「けんけつってこうやるんだ!」と1年生の男の子。
帰宅後、献血のことを得意げにお話していたそうです。

参加してくれた子どもたちと職員より

 お家に帰って早速報告してくれたというお子さん。2年生の男の子は「お父さんの職場は赤ちゃんが生まれるところ!」と産院で働いているということをわかってくれたみたいです。また4年生の女の子からは「大きくなったらママと同じ助産師になってここで働くの」と頼もしい話を教えてくれました。また「赤ちゃんのほっぺがぷにょぷにょだった」と子どもらしい純粋な感想も聞くことが出来ました。
 また、参加者の親からは「また来年も行く?と聞いたら、『うん!』と元気な返事が返ってきました」や、「弟が2人いても歳が近いので赤ちゃんだったころのことは覚えておらず、赤ちゃんに触れてみたことが新鮮だったようです」との意見をいただきました。

 今回のイベントをきっかけに、子どもたちに親が働く職場や仕事を知ってもらい、親子のふれあいを深めていただければと思います。

 
葛飾赤十字産院ではこれからも働くママ・パパを応援していきます!

取材していただきました

当日はJ:COM 様と葛飾経済新聞 様に取材していただきました。

【J:COM】
8月5日(18時40分~19時)のデイリーニュース内で放送されました
【番組HPはこちら】※放送地区:葛飾区および台東区、墨田区、江戸川区、足立区
(葛飾区・足立区では8日(土)または9日(日)に再放送予定 ※内容は変更になる場合もございます)

【葛飾経済新聞】
葛飾赤十字産院で夏休みに「子ども職場見学会」 新生児との触れ合いも