グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


カテゴリ画像
ホーム  > 産院からのお知らせ  > 不規則抗体について

不規則抗体について

 

不規則抗体とは

 赤血球上にはABO血液型以外にもたくさんの血液型が存在します。その中の1つであるRh(D)血液型で不規則抗体を説明すると、Rh(D)血液型では赤血球上にDという物質を持つ(+)と、Dという物質を持たない(-)の人が存在します。D物質を持たない(-)の人の体の中にD物質が入るとD物質に対する抗体が作成されます。この抗体が抗Dと呼ばれる不規則抗体です。
 ちなみに、ABO血液型は規則に沿った抗体を持つため規則抗体と呼ばれて、ABO血液型以外の血液型に対して体の中にできた抗体を不規則抗体と呼びます。

どうして不規則抗体ができるのか

 多くは自分以外の血液が体の中に入ることが原因となります。輸血はわかりやすい原因の一つですが、妊娠中におなかの中の赤ちゃんの血液がお母さんの血液中に漏れ出ることがあります。赤ちゃんはお母さんとお父さんの遺伝子を受け継ぐため、お母さんとは異なる血液型を持つことがあり、この赤ちゃんの血液のためにお母さんの体の中に不規則抗体ができることがあります。
 また、その他に自然にできる不規則抗体もあるため、いつ不規則抗体ができたかはわからない場合もあります。

不規則抗体ができて困ることは

 妊婦さんが不規則抗体を持っていると、赤ちゃんに対する影響と、妊婦さんが輸血をする際に影響が出る可能性があります。
 不規則抗体を持ってしまった方は、赤ちゃんに影響があると聞くと不安になるかもしれませんが、不規則抗体による赤ちゃんへの影響は、問題ない場合から重症になる場合まで様々あり、おなかの中の赤ちゃんの血液型によっては全く問題ない場合もあります。
 このように自分の持っている不規則抗体により赤ちゃんにどのような影響が出るかは妊娠ごとに様々で一律には判断できません。医師からの説明をよく聞いてください。

検査課 大塚