グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


カテゴリ画像
ホーム  > 産院からのお知らせ  > 細菌性食中毒

細菌性食中毒

 
 食中毒は食中毒菌に汚染された飲食物を食べる事により小腸や大腸内に細菌が増殖して毒素を産生して腹痛、下痢、嘔吐、発熱などの症状を起こします。
 原因となる食中毒菌は沢山ありますが、代表的なものは大腸菌、サルモネラ、腸炎ビブリオ、ブドウ球菌、カンピロバクターなどがあります。

細菌性食中毒は予防が大切

 食中毒の予防には、食中毒菌を「付けない、増やさない、殺菌する」ことが大切です。

  • 付けない
 調理者は、手洗いを丁寧に、こまめにする。調理器具は熱湯等で洗浄、消毒を徹底し、場合により調理器具を使いわけるようにして感染を防止しましょう。

  • 増やさない
 食品に食中毒菌を全く付けないというのはかなり難しいことですから、菌が増えるのを抑え、食中毒が起こらないようにしましょう。この場合の手段としては食品を長期保存しない、保存する場合は5℃以下(冷凍の場合は-15℃以下)で、また食品を乾燥したり塩漬けにするのも菌を増やさない手段の一つです。

  • 殺菌する
 加熱調理をする事で食中毒菌を殺菌しましょう。加熱を十分に行うことで、もし、食中毒菌がいたとしても殺すことができます。目安は、中心部の温度が75度Cで1分間以上加熱することです。
 これからの季節、気温が上昇してくると細菌が増殖しやすくなります。
飲食物は「汚染させない・増殖させない・殺菌する」で細菌性食中毒を予防しましょう。
検査課 西尾