グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


カテゴリ画像
ホーム  > 産院からのお知らせ  > サイトメガロウィルス(CMV)抗体検査

サイトメガロウィルス(CMV)抗体検査

 

 
 当院では、希望される妊婦さんに対して初診時検査の際、サイトメガロウィルス抗体検査を行っています。妊娠初期に初めてこのウィルスに感染した場合、おなかの赤ちゃんが胎盤を経由して感染し、先天性サイトメガロウィルス感染症になる可能性があるためです。

 サイトメガロウィルスは、ヘルペスウィルスの仲間でヒトにしか感染しません。
 感染と感染症は違います。多くは不顕性感染といって症状の出るヒトはほとんどいませんが、CMV抗体を持つようになりますので一度感染したことは抗体検査をすればわかります。日本人の妊娠可能年齢の女性におけるCMV抗体を持つヒトの割合は過去の90%台から現在では70%(別の報告によれば60%)まで減少していることが報告されています。一度感染すると一生涯体内に潜んでいます。このため、再びウィルスが活発になったりする場合もないとは言えません。     
 感染症をおこすのは免疫力の低下した特別の場合が多く、主に胎児、未熟児、臓器移植後、AIDS患者、先天性免疫不全患者などです。ただし健常なヒトでもCMV抗体(-)のまま経過し思春期以降に初めて感染を受けた場合、肝炎や伝染性単核球症などを発症する場合があり注意が必要です。

母体CMV抗体検査について

● 妊娠初期IgG抗体(-)であったものが妊娠中にIgG(+)になった場合:
  妊娠中の初感染と判断します
● 妊娠初期IgG抗体(+)で妊娠以前の感染の場合:
  母子感染は起こりうるが、胎児への影響は初感染の場合に比べると少ないといえます
● 母体IgM抗体(+)の場合:
  最近の感染と疑いますが、ヒトによりIgM抗体(+)が長期間持続することもあるので
  抗体価の上昇がないかなどを調べます

 先天性サイトメガロウィルス感染症では、流早産、死産、奇形、長期の神経学的後遺症が知られています。出生後2~3週間以内の尿中からCMVウィルスが見つかると感染が確定されます。新生児期無症状であっても時間の経過に伴い難聴や知能障害のような形で発見されることもありますので、長期フォローアップが重要です。

 それでは、未感染妊婦はどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。
 初感染を受けた乳幼児は、その後数年にわたって尿、唾液中にウィルスを排泄します。このことから、子どもとの密接な接触、ウィルスを含む尿との接触により感染が成立します。したがって、予防法としては乳幼児との密接な接触をさけることや、手洗いの励行が挙げられます。

検査課 清水