グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


カテゴリ画像
ホーム  > 産院からのお知らせ  > ノロウィルスに注意しましょう!

ノロウィルスに注意しましょう!

 

 ウィルス性胃腸炎の原因となるウィルスとして、ノロウィルス・ロタウィルス・アデノウィルス・アストロウィルスなどが代表として挙げられますが、その中でも特にこの時期に流行するのがノロウィルスです。皆さんもニュースなどで耳にする機会が多いと思います。
 
 ノロウィルスは“小児~成人に発症する、感染性が非常に強い、嘔吐が中心の胃腸炎”といえます。現在、このウィルスに効果のあるワクチンや抗ウィルス薬はありません。通常では、ノロウィルスによる感染性胃腸炎にかかったときの治療は、痛み止めや整腸剤の投与、脱水症状のひどい場合に点滴を行うなどの対症療法になります。


また、ノロウィルスによる食中毒の予防法には、一般的に次のことが挙げられます。
・帰宅時、食事前、トイレの後には正しい手洗いを行う
・十分に加熱した食品を摂取する(85℃、1分間以上)
・調理場や調理器具、共有で使用する箇所でのウィルス除去を行う(
ノロウィルスは消毒用エタノールや逆性石鹸に対して抵抗性があるため、これらを使用してもあまり効果は期待されません。ウィルスを完全に失活させる方法としては、次亜塩素酸ナトリウム、加熱があります。次亜塩素酸ナトリウムは家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤でも代用できますが、使用に当たっては「使用上の注意」を必ず確認してください。

 もし、家庭内や集団で生活している施設においてノロウィルスが発生した場合、汚物からの二次感染を予防する必要があります。床等に飛び散った汚物を処理するときには、使い捨てのエプロン、マスクと手袋を着用し汚物中のウィルスが飛び散らないように、ペーパータオル等で静かに拭き取ります。拭き取った後は、次亜塩素酸ナトリウムで浸すように床を拭き取り、その後水拭きをします。拭き取りに使用したペーパータオル等は、ビニール袋に密閉して廃棄します。
 ノロウィルスは乾燥すると簡単に空中に漂い、これが口に入って感染することがありますので、汚物は乾燥しないうちに床等に残らないよう速やかに処理し、その後はウィルスが屋外に出て行くよう空気の流れに注意しながら十分に換気を行うことが感染防止に重要です。

 まだまだ寒い日が続きますが、うがい手洗いをしっかりして健康管理に気を付けて元気に過ごしましょう。

検査課 佐々木