グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


カテゴリ画像
ホーム  > 産院からのお知らせ  >  第12回Smileの会によせて

第12回Smileの会によせて

 
 平成26年10月27日に、第12回目のSmileの会を開催しました。
 Smileの会とは、NICU(新生児特定集中治療室)を退院した32週未満・1500g未満でお生まれのお子さんとそのご家族を対象に毎年開催している、NICU卒業生の同窓会です。
 同じような背景を持つご家族同士で集まることによって、悩みや不安を共有し、「悩んでいたのは自分だけじゃないんだ」と安心していただいたり、「他のおうちではこんな風に工夫してるんだ」と心配事を解決したりできる場となれば、と思いながら毎年活動しています。また、ご家族同士の交流の場となり、親交を深める場となっていれば幸いです。
 会の内容は、前半・後半2回のフリートークを中心として、小児科医師による質問コーナーも設けています。さらに、NICU卒業生のお母様である古嶋様からお話をしていただく時間もあり、妊娠中から今日に至るまでの貴重な体験を聞かせていただくこともできました。また、大学生ボランティアスタッフの協力によりプレイルームを設け、たくさんのお子さんが一緒に楽しく遊びました。

当日の様子

小児科 横山医師による質問コーナー

これからの季節に気を付けることはなんですか?
 一般的にはRSウイルス、インフルエンザなどの呼吸器系感染症があります。
 症状としては、咳、鼻水、発熱などが一般的ですが、哺乳不良、活気不良として出てくる場合もあります。「いつもと何かが違う」と気づけるように、普段からの観察が大事です。また、ウイルスなどをもらわないよう、人ごみの多いところはなるべく避けましょう。
離乳食を進めるスピードは?
 摂食機能、運動機能、精神機能の発達の観点から修正月齢を目安とします。ただ、個人差がありますので、首のすわりがしっかりとし、支えて座れるようになり、食べ物を見せると口をあけるなどの反応がみられる5~6か月になっても離乳食が始められないことも珍しくはありません。お子さんのペースで進めていきましょう。

小児科 熊坂部長より

 皆様、本日はお忙しいなか集まっていただいてありがとうございます。ボランティアさんもたくさんの方が来てくださってありがとうございました。そして古嶋さん、貴重なお話ありがとうございました。私が主治医として担当していましたが、そのように考えていてくださったのは今日初めて知りました。涙なしでは聞けなかったです、本当にありがとうございます。

 このSmileの会は毎年やっていますが、だんだんと大勢の会になってきました。これも支えてくださっている皆様のおかげです。葛飾赤十字産院は小さな病院ですが皆様の近くにあり続ける病院でありたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。また来年も皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
 
 
 今年度のSmileの会でも、皆様の笑顔を拝見することができ、私たちスタッフも元気をもらえた一日になりました。寒さも厳しい季節になりますが、皆様のご健康を心よりお祈りすると共に、また来年も皆様とお会いできることを楽しみにしております。

看護部 Smileの会担当