グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


産院からのお知らせ
ホーム  > 産院からのお知らせ  > ひなまつりについて

ひなまつりについて

3月3日は上巳の節句(桃の節句)ですね。ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願うひなまつりとして親しまれており、古くから伝わるお祝いの料理があります。ちらしずしやはまぐりのお吸い物、白酒…そして、春らしい色合いのひし餅やひなあられも。
 さて、その色鮮やかな“ひし餅”と“ひなあられ”、それぞれの色の意味をご存じですか?
 今回は「春らしい色」にとどまらないひなまつりの色とそのいわれについてご紹介します。

ひなまつりに用いられる食べものの“色”とは?

 日本の伝統行事や郷土料理にはお餅が多く用いられていますが、なかでもひし餅は少し変わった見た目をしています。まずはその色。一般的にひし餅といえば緑、白、桃色の3色。これにはそれぞれ意味が込められています。
・緑:健康
厄除け効果があると言われるよもぎを入れることから
・白:清浄
血圧を下げる効果があると言われる菱の実を入れることから
・桃色:魔除け
解毒作用があると言われるくちなしの実を入れることから
 また、緑、白、桃色の順に下から重ねることで、「大地」「雪」「桃」を表しているそうです。
 雪の下には緑が芽吹き、上には桃の花が咲くという春の訪れを祝うとともに、わが子の健やかな成長を願う気持ちが込められているとか。
 ちなみにひし形になっている理由は、“心臓”や“大地”を表しているほか、様々な説があるようです。いずれにしても生命力の源、健康長寿や子孫繁栄など娘の成長を願う想いは変わらないようです。
 また、ひなあられはひし餅と同じく緑、白、桃色に加えて黄色があります。
この4色はそれぞれ季節を表しており、1年中健やかに過ごせますようにという願いが込められているのだとか。ただ、関東と関西では見た目や味つけが異なるそうです。あなたの慣れ親しんだ“ひなあられ”はどのようなものだったでしょうか…。ご家族やお友達同士でそんな話をしてみるのも面白いかもしれません。

【参考文献】農林水産省HPより一部抜粋・改変

今月のレシピ ~ 親子でつくりたい!ひなあられ ~

◆材料(作りやすい量で記載しています)
・切り餅 2個(約100g) ・粉糖 15g ・スキムミルク 少々
・ストロベリーパウダー 少々 ・抹茶 少々
◆作り方
①切り餅を5㎜角程度に切る。
②天板にクッキングシートを敷き、その上に①を並べる。150℃に予熱したオーブンで約20分焼く。
③粉糖を3等分にしたところへ、スキムミルク、ストロベリーパウダー、抹茶を少量入れて混ぜる。
④③に焼きあがったお餅を入れてなじませる。
☆ポイント☆
お餅を焼くときはくっつかないように間隔をあけて並べましょう。
また、カットしたお餅の大きさによって加熱時間が異なるので、様子をみながら加熱をしてください。
火を使わないので、お子様ともお楽しみいただけます。
栄養課 成島