グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


カテゴリ画像
ホーム  > 産院からのお知らせ  > 妊娠と喘息治療薬

妊娠と喘息治療薬

 

 妊娠中はお腹の中にいる赤ちゃんへの影響を考え、できる限り薬を使用せずに過ごしたいと考える方は多いと思います。

 しかし、お母さんの健康維持のためにはどうしても薬の使用が必要な場合があるため、妊娠前から使用している薬について主治医と話し合い、準備をすることが大切になります。その一例として喘息治療薬があります。
 喘息とは、肺への空気の通り道が狭くなり、呼吸をするときにゼイゼイ音がしたり、呼吸が苦しくなったり、咳が続いたりする炎症性の疾患のことです。発作が起きていなくても炎症は存在し、もし自己判断で治療を中止した場合は、気がつかないうちに症状が悪化していきます。

 この炎症を抑えるのに有効な薬が吸入ステロイド薬です。この薬は、肺への空気の通り道である気道や肺に働き、全身への作用が少ない薬です。吸入ステロイド薬は気道の炎症の悪化を防ぐことが出来る大切な薬ですが、それでも症状のコントロールがつかず、ゼイゼイ呼吸が苦しくなる発作時は、気道がさらに狭くなります。この発作時に有効なのが気管支拡張薬です。

 妊娠前から喘息治療中の場合は、妊娠中も薬を継続して症状をコントロールする必要があります。もし、妊娠中に赤ちゃんへの薬の影響を心配して勝手に薬を中止し喘息発作を起こした場合、お母さんが苦しいだけではなく、お腹の赤ちゃんにも酸素が不足することにより、赤ちゃんの発育が悪くなったり、早産となることがあります。そこで、治療の中心となるのは妊娠前と同じ吸入ステロイド薬です。吸入薬は肺や気道に働き、全身への吸収は少ないので赤ちゃんへの影響も少ないと考えられます。

 たとえ症状がなくても喘息の治療は継続し、常に発作を予防し呼吸を安定させることは、お母さんにとっても赤ちゃんにとってもメリットが高いと考えられます。

 妊娠中も呼吸器内科・産科の主治医と話し合い、喘息の治療を継続しましょう。


薬剤部 三田