グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


カテゴリ画像
ホーム  > 産院からのお知らせ  > 和食について

和食について

 今月24日は、和食の日(1124:いいにほんしょく)であることをご存じでしょうか?
 和食は近年世界中から注目され、2013年12月には、「和食;日本人の伝統的な食文化」と題して、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。
 当院で提供している食事の中心にもなっている「和食」の4つの特徴をご紹介します。

「和食」の4つの特徴

(1)多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
 日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。

(2)健康的な食生活を支える栄養バランス

 一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿や肥満防止に役立っています。

(3)自然の美しさや季節の移ろいの表現

 食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。
 季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。

(4)正月などの年中行事との密接な関わり
 日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。
 自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきました。
 食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。
 季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。

(農林水産省ホームページより抜粋)

 当日、当院では麦ご飯、清汁、天ぷら、ひじきと牛蒡の炒め煮、白菜の甘酢和え、抹茶羊羹を提供予定です。
 そこでご紹介したいのが「押麦」の栄養価の高さ!白米と比較すると食物繊維は約18倍、カルシウムは約3倍、カリウムは約2倍含まれています。押麦には食後の急激な血糖値の上昇やコレステロールの吸収を抑制する働きもあり、麦ご飯の他にもスープやサラダ、リゾット等様々なお料理にも応用できます。ご自宅でもぜひ試してみてください。