グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


カテゴリ画像
ホーム  > 院長ブログ  > 映画から考える

映画から考える

 よくわからないうちに解散総選挙となり、予想では自民圧勝とか。一票の権利を大切にしたいと思っています。
 年に何回か映画館に足を運んで映画を観ますが、私のやや年上の友人に「狂」がつくような映画好きが数人おりましてひとりご紹介します。毎年の年賀状がこの1年間で観た映画のタイトルを小さな字でびっしりと書き、その中の自分のベストテンに印をつける、それのみです。話を聞くと彼流のこだわりがあって「ハリウッド映画が嫌いなのでアメリカ映画は観ない」。なので当然「アナ雪」は年賀状に書かれていませんでした。

 映画にこだわっていた高倉健さんの映画が追悼特番で放映されていますが、「網走番外地」などヤクザ映画は地上波では放送されないと聞きました(真偽のほどは定かではありませんが)。納得のいく倫理規定に基づくものであればと思いますが、顔色をうかがうような自主規制が蔓延る世の中であればとても窮屈です。14日は投票に行きます。
 ちょっと早いですが今年一年お世話になりました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。