グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


カテゴリ画像
ホーム  > 院長ブログ  > 赤十字病院臨床研修医研修会に出席して

赤十字病院臨床研修医研修会に出席して

 去る11月28日に日本赤十字社で赤十字病院臨床研修医研修会が開催されました。医師国家試験に合格すると新人医師は2年間大学病院や市中病院で臨床研修します。赤十字は全国に92の医療施設を持っていますが、毎年総数400人以上が赤十字と名のつく病院で初期臨床研修医として日々研鑽を積んでいます。今回は全国から37施設204名の臨床研修医1年目の先生方が東京の日赤本社に集合して半日の研修会に参加されました。私に依頼されたのは「キャリアの積み方~私の場合 あなたの場合」と題した30分の講演でした。

 現在医学部の三人に一人は女子学生で、当然新人医師の三分の一は女性で、この研修会の出席者も三分の一は女性でした。そう遠くない将来に結婚、妊娠、出産、子育てと大きなライフイベントが訪れた時、どのようにして仕事を継続していくか、これは当の本人の女性医師ばかりでなく男女を問わず共に仕事をする医師にとっても大きな問題です。とりわけ周産期医療を支える産婦人科と小児科の若手には女性医師が多く20代の産婦人科医の三分の二は女性、小児科でも20代では半数が女性なので問題は深刻です。このような女性医師の抱える問題や中堅クラスの先生方のさまざまなキャリアの積み方を講演の中で紹介をしましたが、私が一番に申し上げたかったのは「Boys be ambitious、目指せ院長!」でした。男女を問わずこの研修会出席者の中から将来の病院長が誕生してもらえるとうれしいです。